ヒゲ 永久脱毛 理由

ヒゲの永久脱毛をしない理由

ヒゲが濃いのが悩みなのに、永久脱毛をしない男性が多く存在するのはどうしてなのでしょう。
これから一生、毎日ヒゲを剃り続けた場合、もちろん個人差はありますが、ヒゲそりだけで何十日という膨大な日数になります。
ある意味、とてもムダな時間でもあり、毎日のヒゲ剃りが煩わしいのに、どうして永久脱毛をしないのでしょうか。

 

多額の費用が掛かるから、痛みが怖い、お洒落にヒゲを取り入れたくなるかもしれないからなど、どうしてヒゲ脱毛をしないのか、その理由を調査してみました。
どうして、ヒゲ脱毛をしないのかという質問に対し、「それほど苦ではない」「さほど重要ではない」と回答する男性が多いようです。
また、濃いヒゲが悩みでも、女性と違い、男性の脱毛が「恥ずかしい」と思っている人もいるようです。
ですが、本当にその濃いヒゲがイヤで、実際にヒゲ脱毛をした方にお話を伺うと、結論からして「やって良かった」という答えが返ってきました。

 

【体験者の声】

 

脱毛して数年が経過してから、やっぱりヒゲが欲しい・必要だと感じたことは、一切ありません。
以前は、顔から犬のようなヒゲが頬などから生えていましたが、脱毛をしたら、ツルツルの肌になりました。
剃刀やシェーバーを利用しないので、肌荒れもありません。
僕は、男の割りには色が白いので、どうしても青ヒゲになってしまうのが悩みで、その生え方もサボテンのようにトゲトゲした感じで、見た目的にも本当に汚いのが悩みでしたが、脱毛してからはそれもなく、何よりも今のツルツルの肌が気に入っているんです。
脱毛後は、ヒゲがなくなったことを同僚などに突っ込まれたこともありましたが、女友達の反応は、すごく良かったです。
正直なところ、人間て、みんながみんな平等じゃないじゃないですか。
生まれながらイケメンな人もいればそうじゃない人もいるし、以前の僕のように毛深さで悩む人もいれば、そうじゃない人もいます。
でも、それが整形でも脱毛でも、何かしら可能になる時代なので、自己満足と言われればそれまでですが、自分の望みを実現することは出来ますよね。
お金とか時間とか、あと、他人の視線とか、壁はありましたけど、僕は脱毛することでコンプレックスをなくせて良かったと思っています。

 

このように、ヒゲに大きな悩みを抱えている男性は、永久脱毛をすることで、自分自身にまたひとつ、自信が持てるようです。