医療レーザー脱毛 効果

毛にも寿命があり、1本1本の毛はそれぞれが独立しており、「成長期→後退期→休止期」という毛周期で、毛が成長と脱毛をくり返しています。
今現在、生えている毛というのは、体全体の毛の1/3といわれています。
ワキ脱毛の場合、3〜5回は脱毛の施術を行わなければ効果を実感することが出来ませんから、1回施術を受けた程度では、施術前とあまり違いはありません。

 

特に、「口周り」のヒゲは、他の部位と違い、除毛することが難しい部位です。
口周りのヒゲは、毛根が深いので、レーザー効果が得にくく、毛根が密集しているものの、ヤケドなどの副作用を考えると、初回からいきなり高出力のレーザーを照射するというわけにはいかないのです。
施術していくうえで、除々に毛量を減らしながら、レーザーの出力を上げていくのです。
とは言っても、ある程度の期間、脱毛を行うことで、今よりもかなり薄くなっていきますから、必ず効果を得ることが出来るのです。

 

ある方のひげ脱毛の場合、1回目は脱毛効果を実感することは出来ませんでしたが、3回目の施術後に、1本1本の毛が細くなってきたのを感じ、4回目の施術後には、毛量が劇的に減り、6回目の施術後には、ほとんどのヒゲが生えてこなくなっていました。

 

脱毛の際の痛みですが、これもやはり個人差があるものです。
また、脱毛する部位や、同じ出力のレーザーでも、その効果は全く違うものです。