男 脱毛効果 期間

男の脱毛の効果と期間

脱毛施術後の効果は、どの程度の期間持続するのか・脱毛効果は本当に永久的に毛が生えてこないのか、気になりますね。

 

「永久脱毛」というのは、「完全にツルツルの無毛状態になり、一生毛が生えてこない」と思われがちですが、実はそうではありません。
簡単に言うと、高い減毛率を、長い間維持することが出来る脱毛方法であると理解するのがいいでしょう。

 

アメリカの電気脱毛協会によると、永久脱毛の定義というのは「最終脱毛から2年後の毛の再生率が20%以下である脱毛方法」と定められています。
そんな数ある脱毛方法の中でも、一番の脱毛効果を得ることが出来るのは、ニードル脱毛であるといわれています。
レーザー脱毛と比較した場合、確かに、減毛率や確実性の面では、少し優秀であるといえます。
しかし、このニードル脱毛とは、ニードル(針)を使用するため、施術中に痛みを伴い、施術時間も長い分、料金もかなりのハイプライスです。
直接、毛穴にニードルを刺して施術しますから、肌トラブルが起こる確率も高い施術方法でもあります。
レーザー脱毛に比べ、少し高い脱毛効果を得るためには、これらの難点をきちんと理解することが大切です。
ニードル脱毛を積極的に取り入れているエステサロンなどもありますが、現在では、ほとんどの医療機関がレーザー脱毛を導入していて、ニードル脱毛を行っている医療機関は、とても少ないです。

 

ちなみに、レーザー脱毛は医療行為にあたるため、エステでは施術することが出来ませんが、ニードル脱毛を医療機関で行うことは可能です。
ニードル脱毛とレーザー脱毛が行えるにも関わらず、ほとんどのクリニックが、レーザー脱毛を導入しています。
それは、どうしてなのでしょうか。
その答えは、「レーザー脱毛の方が、遥かに効果的な脱毛方法である」という、大変シンプルなものです。
医療レーザーの脱毛コースのプランに、治療期限を設けずに、施術を受ける人に合せて施術を行うことが出来るところもあります。
これは、人それぞれ毛周期が異なること、また、部位によっても違いがあることが理由です。

 

最新の脱毛機器を導入している医療機関の場合、従来のレーザー脱毛器での施術で伴う痛みを大幅に軽減、さらに、短時間で施術をすることが出来るようになっています。
脱毛効果をみると、レーザー脱毛の場合は、数年後に産毛が生えてくる程度なのに対し、ニードル脱毛の場合は、基本的にはほとんど毛は生えてきませんが、ひょっこり1本だけ生えてくることもありますが、その程度です。

 

施術中の痛み・施術時間・費用を考慮したうえで脱毛をするのであれば、永久保証のあるレーザー脱毛が大変お薦めです。