敏感肌 ヒゲ剃り

ヒゲが濃いならまだしも、敏感肌という男性のヒゲ剃りの悩みといえば、カミソリ負けして肌がヒリヒリしたり、場合によっては肌を傷つけて出血してしまうことですね。
シェーバーでは深剃りが出来ず、特に剃りづらいあご下に、ジョリジョリが残ってしまいます。

 

ここでは、ヒゲを薄くする方法、肌を綺麗にする方法、ヒゲを上手に剃る方法についてお話します。

 

ヒゲ剃りを楽にしたいなら、ニードル脱毛やレーザー脱毛をするのもお薦めです。
毛は、抜いても剃っても溶かしても、「毛乳頭」を破壊しない限り、永久的に生えてきます。
1本たりとも毛を生えさせない永久脱毛を行うのであれば、ニードル脱毛が最適ですが、費用の面で見ると、なかなかのハイプライスです。

 

ヒゲの量を減らしたいのであれば、医療レーザー脱毛で、効率よくヒゲを脱毛することが可能です。

 

昔と比べると、最近の医療レーザー脱毛の価格は随分と安くなっていますし、皮膚科・美容外科・形成外科などで、レーザー脱毛を扱っている病院も段々と増えてきています。
毛には「毛周期」があり、1回の脱毛で全ての毛をなくせるというものではありません、2〜3回施術すると、随分とヒゲが薄くなってくるので、ヒゲ剃りに関しては、本当に朝が楽になると思います。
レーザー脱毛は、毛が太く濃いほど、効果を発揮します。
施術を受ける前に、まずはクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。

 

脱毛の予算や、サロン・クリニックに通う時間がないという人は、セーフガードのついたカミソリを使用し、ヒゲを剃るときに、肌を保護する役割をする泡やジェル、石鹸をお肌にたっぷりと塗ってあげたり、剃ったあとに、鎮静作用のあるローションや保湿クリームをヒゲ剃り後に必ず使うことを週間づけるなどの工夫をする以外にありません。

 

ヒゲ剃り後に、ムダ毛が細くなると噂の、パイナップルローションなど、減毛ローションを使って肌ケアするのもいいかもしれませんね。
注意しなければならない点は、カミソリでヒゲを剃ると、角質まで剥がれてしまい、肌が乾燥する原因になりますので、出来るだけ剃る回数を減らしましょう。