ヒゲ レーザー脱毛 安全性

他の部位に比べて、ヒゲのレーザー脱毛は痛みが大きく、ヒゲが濃い人は特に痛いと聞きますが、痛みに耐えられるのであれば、傷やシミなど、肌に汚れが残ってしまうようなヤケドを負うようなことは、ありません。

 

ヒゲの脱毛は、大きく分けて2種類あります。
1本ずつムダ毛処理をしていく「ニードル脱毛(針脱毛」と、「レーザー脱毛)」の、2種類です。
エステサロンで導入されているフラッシュ(光)脱毛もありますが、ヒゲには、レーザー脱毛の方が効果があります。
メンズエステ系のサロンでは、ニードル脱毛での施術が多いようです。

 

皮膚科や美容外科などの医療機関で、ダイオード又はアレキサンドライトレーザーを使用しているクリニックであれば、効果には大差ありません。
レーザー脱毛というのは、医療機関でのみ取り扱える施術なので、安全面は何も問題はないようです。
なぜなら、専門知識を持つ医師の監督の下、1人ひとりの毛の状態に合せて出力調整を行いますので、数十回レーザー照射を行っても、肌トラブルはありません。
とはいっても、かなりの痛みを伴いますが、ニードル脱毛と比較すると、痛みは比較的小さいようです。
レーザーを照射中に感じる痛みは、毛量や毛の濃さに比例します、濃ければ濃いほど、その分レーザーが反応しますから、濃いほど痛みを感じますが、回数を重ねていくと、除々に毛が薄くなってきますから、痛みも自然と軽減されていきます。

 

1回目と2回目の施術中の痛みは、とにかく我慢です。
あごや頬に比べて、鼻の下の施術が一番痛みが大きいといわれています。